誰でもわかるバッテリー入門

スパナと言えば、誰もが見たことがあり、イメージしやすい工具のひとつだと思いますが、
実はあまり使われることってないんですよね。
といいますのも、スパナはボルトなどに接触する部分がたったの2面、つまりそれだけで締めたり、緩めたりしなければならないため、
慣れていないとうまくできないことがほとんどなのです。
ですからよくこれが使用される自動車整備などの現場でも、スパナでしか無理だ、という状況に陥るまで工具箱で眠るのがほとんどなのです。

 

さてこのスパナの使い方ですが、まずは先ほども述べたとおり、2面でしか目的のものをつかめないと言う理由から、すべらしてしまうことが多々あります。
使用の前に、スパナは重い工具ですし、万が一手をすべらせてしまえば、他人に危害を加えることとなりますから、十分注意が必要だということを頭に入れておいてください。

 

スパナ使用の基本はボルトなどと平行にして使うことです。
少しでも斜めになっていれば、滑らせてしまう原因や、ボルト破損などを招いてしまうことになります。
そして先端だけを使うのでなく、ボルトがしっかりスパナに包まれていることを確認しましょう。

 

よくあるのが、ボルトが回らなくて金槌などでスパナを叩く行為ですが、これはスパナにもボルトにも負担をかけることとなりますから避けるべきです。



【工事系情報】スパナの使い方ブログ:2021-1-22

日本酒が好きな方の中には、
シェイプアップを成功させることができない方が
多いようですね。

よく日本酒自体のカロリーより、
一緒に食べてしまうおつまみが
高カロリーになることは指摘されていますよね。

自宅で手料理を食べながら飲むのならともかく、
外で日本酒を飲む場合、
おつまみには油物が多くなったり、味つけが濃くなる傾向があります。

また、日本酒を飲んだ後のラーメンの誘惑にも
抑えがたい魅力があります。

このように、日本酒とおつまみのカロリーは要注意ですが、
もっと怖いものがあるんですよ!

それは日本酒によって、理性が揺らいでしまうこと。

日本酒を飲まない日には
就寝前に体操をしていたのに、
酔っ払ってしまっては体操どころではありません。

素面では習慣になっていたのに、
飲み会が入ると続行不可能になります。

更に、飲みすぎて二日酔いになれば、
当日どころか翌日も体操をお休みしてしまうことになります。

しかも、毎日の生活でもキビキビした動きが難しくなり、
総消費カロリー、体操量もダウンです。

シェイプアップなんてどうでもいいや…
なんて気持ちになってしまうのは、まさに日本酒の弊害です。

さらに、日本酒がシェイプアップに大敵という理由は、
カロリーの問題だけではありません。

適量を楽しんでいる分にはリラックス効果もあり、
ストレス発散にもぴったりですが、少々飲み過ぎてしまうと、
肝機能が衰え始めます。

肝機能は代謝や解毒を司る重要な部位で、
シェイプアップとも密接な関係にあります。

シェイプアップ効果を妨げない為にも、
なるべく日本酒は控えましょうね!