誰でもわかるバッテリー入門

スパナと言えば、誰もが見たことがあり、イメージしやすい工具のひとつだと思いますが、
実はあまり使われることってないんですよね。
といいますのも、スパナはボルトなどに接触する部分がたったの2面、つまりそれだけで締めたり、緩めたりしなければならないため、
慣れていないとうまくできないことがほとんどなのです。
ですからよくこれが使用される自動車整備などの現場でも、スパナでしか無理だ、という状況に陥るまで工具箱で眠るのがほとんどなのです。

 

さてこのスパナの使い方ですが、まずは先ほども述べたとおり、2面でしか目的のものをつかめないと言う理由から、すべらしてしまうことが多々あります。
使用の前に、スパナは重い工具ですし、万が一手をすべらせてしまえば、他人に危害を加えることとなりますから、十分注意が必要だということを頭に入れておいてください。

 

スパナ使用の基本はボルトなどと平行にして使うことです。
少しでも斜めになっていれば、滑らせてしまう原因や、ボルト破損などを招いてしまうことになります。
そして先端だけを使うのでなく、ボルトがしっかりスパナに包まれていることを確認しましょう。

 

よくあるのが、ボルトが回らなくて金槌などでスパナを叩く行為ですが、これはスパナにもボルトにも負担をかけることとなりますから避けるべきです。



【工事系情報】スパナの使い方ブログ:2021-4-11

シェイプアップを始めるにあたって、ほとんどの人は
「太っている自分をなんとかしたい」
というのがきっかけになっていると思います。

「太っている自分」
    ↓
「これをなんとかしたい」
    ↓
「シェイプアップしよう!」
    ↓
「シェイプアップ成功!」
    ↓
「自分に自信が出て、母親も増えた!」

と言う具合に、
「太っている自分」のおかげで、シェイプアップに成功し、
それが自分に自信をもたらし、母親が増え、
人生そのものが大きく変わっていくわけですね。

シェイプアップに成功した人に話を聞いていると、
みんな同じような経験を持っているようなんです。

「シェイプアップ成功!」というのは、
人生の中でも大きな成功経験の一つです。

一ヶ月に2`痩せるということを
コツコツ積み重ねるだけで、
一年後にはまったく違う自分になっているのです。
もちろん外見だけでなく内面も変わっています。

そうなると、原点に立ちかえったときに
「太った自分がいたからこそ、今の自分がいる」
そう思うと、昔の太った自分に感謝します。
「あの太った自分がいたからこそ、今の成功がある」
そう考えられます。

でもそう言われても、
最初にシェイプアップを始めるときには 、
「憎むべき存在」 としか考えられないと思います。
それはわたくしもそうでした。

でも…
「憎むべき存在」から脱出するためのシェイプアップは、
どうしても疲れてしまいます。

そんなときは、ちょっと一休みして、
ちょっと過去を振り返って、
自分をここまで導いてくれた「太った自分」に感謝してみましょう。

そして、
自信に満ちたわたくし…
母親と楽しく話をしているわたくし…
好きな母親と腕を組んで歩いているわたくし…
そんな光景を思い浮かべて、
どうすることが自分にとって「楽しいのか」を考えましょう!