【工事系情報】スパナの使い方

【工事系情報】スパナの使い方


【工事系情報】スパナの使い方
スパナと言えば、誰もが見たことがあり、イメージしやすい工具のひとつだと思いますが、
実はあまり使われることってないんですよね。
といいますのも、スパナはボルトなどに接触する部分がたったの2面、つまりそれだけで締めたり、緩めたりしなければならないため、
慣れていないとうまくできないことがほとんどなのです。
ですからよくこれが使用される自動車整備などの現場でも、スパナでしか無理だ、という状況に陥るまで工具箱で眠るのがほとんどなのです。

さてこのスパナの使い方ですが、まずは先ほども述べたとおり、2面でしか目的のものをつかめないと言う理由から、すべらしてしまうことが多々あります。
使用の前に、スパナは重い工具ですし、万が一手をすべらせてしまえば、他人に危害を加えることとなりますから、十分注意が必要だということを頭に入れておいてください。

スパナ使用の基本はボルトなどと平行にして使うことです。
少しでも斜めになっていれば、滑らせてしまう原因や、ボルト破損などを招いてしまうことになります。
そして先端だけを使うのでなく、ボルトがしっかりスパナに包まれていることを確認しましょう。

よくあるのが、ボルトが回らなくて金槌などでスパナを叩く行為ですが、これはスパナにもボルトにも負担をかけることとなりますから避けるべきです。




【工事系情報】スパナの使い方ブログ:2021-2-03

私達夫婦は、結婚してから7年間、
努力はしていましたがお子さんができませんでした。

はじめのうちは話をふってきたお互いの両親も、
段々とお子さんの話題を
私達の前で出さないようになっていきました。

当時の私は、実のところ、
お子さんが欲しいと思っていませんでした。

小さいお子さんをどう扱っていいかわからなかったし、
何より、お子さんが生まれると
自分や夫婦の時間が割かれてしまう、
自由が奪われてしまうのではないかとも思っていました。

でも、よく考えてみると…
お子さんが欲しくないという思いの下には、
別の感情が隠されていたのです。
それは、自分のことが大嫌いだということでした。

小さい頃、忙しかった両親には
私達お子さんの面倒をみる余裕がありませんでした。

それをお子さん心に
「両親に愛されていない私は、愛するに値しない存在だ」と
勘違いしてしまっていたのです。

けれどもそれは本当に大きな誤解でした。
お子さんを愛さない両親はいない。

そこにはしかたのない事情があったのかもしれない…
という、ものの見方が出来るようになったのです。

愛していなかったのではなく、
仕事の忙しさのために仕方のなかったことだった。

それどころか、
お子さん達の幸せのために身を削って働いてくれていたのだ!

その時、
生まれてはじめて、
自分のお子さんがいてもいいんだ!と
思えたのです。

すると、まさにその月のことです。
お子さんを妊娠したと嫁から報告を受けたのは…

嫁は電話口で泣いていました。
今振り返れば、嫁もまた、私と同じように自分を責めていて、
私の思いは知らぬ間に嫁の中に伝わり、
夫婦の間にも愛というつながりが生まれたのだと思います。

【工事系情報】スパナの使い方

【工事系情報】スパナの使い方

★メニュー

【工事系情報】用途に合わせてペンチ選び
【工事系情報】スパナの使い方
【工事系情報】玉掛け作業の手順と注意事項
【工事系情報】エアコンプレッサの特徴と使い方
【工事系情報】自動車のバッテリーのメンテナンス
【工事系情報】通販で工具を購入してみよう
【工事系情報】エアコンガスの種類
【工事系情報】美しい仕上がりの塗装スプレー
【工事系情報】包装資材に求められる高品質
【工事系情報】エンジンオイル添加剤とは


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)誰でもわかるバッテリー入門