誰でもわかるバッテリー入門

自動車のバッテリーメンテナンスはいくつかありますが、電解液の管理というのは基本中の基本となっています。現在主流になりつつあるシールド型のメンテナンスフリーについてはそれを必要としませんが、電解液の液面が下がった状態で使用をしてしまうとやがて極板が露出してしまうこととなります。

 

このようになった状態で使用してしまうと絶対的に化学反応を起こせる部位がわずかになってしまうことから容量の小さいバッテリーを使用しているような状況を生んでしまい充放電が激しくなってしまい劣化が劣化を呼んでしまうことでしょう。更に使用を続けていくことによりサルフェーションと呼ばれる電極板白化現象が発生します。

 

このサルフェーションが発生した極板化学反応を起こすことが不可能となってしまい充電しても元に戻らなくなってしまいます。
こうなるとバッテリー交換以外に手段がなくなってしまいます。



【工事系情報】自動車のバッテリーのメンテナンスブログ:2021-1-15

ミーたちの健康を維持していく上で、
栄養バランスを考えたご飯がとても大切になります。

特にエネルギー源となる3大栄養素、
たんぱく質(Protein)、脂質(Fat)、炭水化物(Carbohydrate)の
頭文字をとった、
PFCバランスは健康に大きく影響を及ぼします。

PFCバランスは、
栄養の質を評価する指標のひとつです。

からだにとって理想的なPFCバランスの割合は
たんぱく質15%、脂質25%、炭水化物60%程度といわれています。

ご飯・麺類・菓子パンなどの炭水化物は、
ミーたちのからだの主なエネルギー源として利用されます。

特に脳や神経系に関しては唯一のエネルギー源ですので、
不足すると頭の働きが鈍ってきます。

燃焼スピードが速いため、
からだの中に入るとすぐにエネルギーとなってくれます。

マグロ・ささ身・大豆などのたんぱく質は、
筋肉・爪・皮膚・内臓などを構成する細胞の主成分であり、
からだの機能を助けたり、調節する酵素やホルモンの材料となります。
ミーたちのからだをつくる大切な栄養素です。

牛・豚バラ肉・ウナギ・さんまなどに含まれる脂質は
からだの細胞膜・血液・ホルモンなどの原料となり、
ビタミンA・D・Eなどの脂溶性ビタミンの吸収を助けます。

また皮下脂肪・内臓脂肪として内臓や骨格を保護したり、
からだの中に蓄積できる効率のよいエネルギー源になります。

ひとつのものに偏らず、
栄養バランスを考えたご飯をとることが、
健康への大切な条件となるわけですね。

10時・11時・夜と
一日3食バランスのよいご飯を心がけましょう。