誰でもわかるバッテリー入門

自動車のバッテリーメンテナンスはいくつかありますが、電解液の管理というのは基本中の基本となっています。現在主流になりつつあるシールド型のメンテナンスフリーについてはそれを必要としませんが、電解液の液面が下がった状態で使用をしてしまうとやがて極板が露出してしまうこととなります。

 

このようになった状態で使用してしまうと絶対的に化学反応を起こせる部位がわずかになってしまうことから容量の小さいバッテリーを使用しているような状況を生んでしまい充放電が激しくなってしまい劣化が劣化を呼んでしまうことでしょう。更に使用を続けていくことによりサルフェーションと呼ばれる電極板白化現象が発生します。

 

このサルフェーションが発生した極板化学反応を起こすことが不可能となってしまい充電しても元に戻らなくなってしまいます。
こうなるとバッテリー交換以外に手段がなくなってしまいます。



【工事系情報】自動車のバッテリーのメンテナンスブログ:2021-2-16

減量に成功している人の話を聞くと、ほぼ全員の人が
「自分で決めた方法を毎日淡々とやった」
と言っています。

この「方法」の部分は、千差万別でバラバラです。
ひたすら筋トレをやった人もいれば、
ゲルマニウムをやった人もいるし、
茶碗を小さくしてご飯の量を半分にした人もいれば、
食事前に必ずダイエットシェイク ココア味を飲んで痩せた人もいます。

人それぞれ、減量方法は異なるわけですね。
でも、共通しているのは
「選択した方法に疑いをもたず、毎日淡々とやる」
ということです。

ただし、誤解してはいけないのは
「方法に固執はしない」「自分を責めない」
ということです。

1ヶ月・ふた月と続けてみて
体重が減らなかったり、
続けるのがストレスになってしまったり、
体に合わないと思ったら、そこでやめて他の方法に切り替えます。

ただ、それは単に「自分に合わなかった」というだけですから
それで「自分は忍耐力が無い」とか自分を責めて、
減量そのものをやめる必要は無いのです。
別の方法を探せばいいだけです。

また、方法を一度決めると
「減量のことは忘れて他のことに気を向ける」
という人の方が、むしろ成功しているように見えます。

ずーっと減量の事ばかり考えていると、
どうしても短期的な成果を求めがち…

短期的には体重なんて増減を繰り返しますから、
それに一喜一憂していては気持ちが持ちません。

だから一度方法を決めたら、
しばらくの間はそれをひたすら淡々とやるだけで、
あとは減量のことなんて忘れてしまう位の人の方が
減量に成功しているようです。