誰でもわかるバッテリー入門

現在さまざまなお店にずらりとならぶのエンジンオイル添加剤。
種類がたくさんありすぎてどれに手を出したらよいかわかりませんよね。
エンジンオイル添加剤にも多くの種類がありますが、大きくわけててテフロン系、塩素系、モリブデン系の3つに分類することができます。
その分類によって値段も違ってくるわけで、比較的よく購入されているものは塩素系のエンジンオイル添加剤だと思われます。
テフロン系は少々値段が高くなりますが、効果が長続きすることを考えると将来的には逆に安くなるかもしれませんね。
そしてモリブデン系はこの3種類の中では一番安いのですが、その添加剤としての役目を果たすものの、やはり劣化が早いのは事実です。

 

このように種類ごとの価格比較をしてみましたが、そもそもエンジンオイル添加剤というものは何なのか、ご存知でしょうか。
これには様々な役目があるのですが、燃費をよくする目的で買われる方が多いようです。
そのほかには、エンジンの回転をスムーズにすることで耐久性を向上させるなどの働きがあります。

 

このような利点を持つエンジンオイル添加剤、ではどうしてもともとエンジンオイルに含まれていないのか、と思われることでしょう。
実はちゃんと含まれているのです。
エンジンオイルって価格がピンからキリまであると思いますけど、実は添加剤がどれだけ入っているか、またその質の良し悪しなんかも値段に反映しているのです。

 

エンジンオイル添加剤が絶対に必要なのかと聞かれれば返答に困ります。
エンジンオイルそのものに添加剤がすでに入っているわけですから、必要ないといえばないような気もしますよね。
実際多くの方が添加剤を購入するより、もう少し質のよいエンジンオイルにそのお金を使ったほうが得をすると見ています。
ですからこれに関しては個人個人の意見を尊重するべきだと思いますから、興味のある方は一度調べてみるとよいですね。





家 購入
URL:http://www.toyotahome.co.jp/support/
家 購入


【工事系情報】エンジンオイル添加剤とはブログ:2021-1-18

母親は、夕食の準備で忙しく動いている…

その傍らには、
好奇心いっぱいの目をキラキラと輝かせながら、
母親の口元をもどかしそうに見つめる、
幼ない頃の姉貴と、わたしといもうとがいました。

そんなわたし達に、
母親はやさしい視線を注ぎながら、
「次は少し小さな声にして、こんな風に歌うのよ」
と言って、
童謡を歌ってくれます。

いつものようにわたし達三人は、
夕食の用意をあわただしくしている母親を、
取り囲むようにしながら、つきまとっていました。

当時の我が家では、
汚れた野良着のままでも、
スグにご飯の仕度に取りかかれるように
大きな流しが屋外に設けられていました。

いつ頃からか、記憶にはないけれど、
夕方になり、母親がその流しの前にいる時間帯になると、
わたし達姉妹は、その場所に集まるのが日課でした。

昭和二十年代後半、敗戦のあとの日本は、
めざましい復興が着々と進んでいましたが、
ほとんどの国民は連日の生活に追われ、
ただ生きることに精一杯のような時代でした。

そんな中にあって、
母親は連日のように、わたし達に向かって
「さあ歌ってごらん、いい歌よ」
と言いながら、一小節ずつ、
口移しでいろんな童謡を教えてくれたのです。

母親は若い頃、教師をしていた関係で、
家にはたくさんの童謡の歌集がありました。

戦後の混乱した社会ではあったけれど、
我が子には、美しい抒情たっぷりな童謡を歌わせて、
心豊かで明るい子供に育てたい…という
母親の切ない願いがあったに違いありません。

そんな母親の思いを知る筈もなかったわたし達でしたが、
どんなに遠くまで遊びに出かけていても、
まるで磁石に吸い寄せられていくかのように、
かけ足で家に帰ったものでした。