誰でもわかるバッテリー入門

カーエアコンには現在2種類のガスが使用されています。
それらのガスをR12、そしてR134というふうに呼ばれています。

 

しかしR12の生産が中止されてしまいました。
それはフロンガスによるオゾン層破壊で地球温暖化をすすめてしまうためです。
製造が中止されてしまったものの、販売はまだ続行しています。
しかしその値段は・・・と考えるだけでぞっとしてしまいますよね。
カーエアコンの故障ってよくあることですから、私には関係ないという考えは禁物です。

 

それならR12からR134に変えればいいじゃないか、と思われる方もいらっしゃるでしょう。
そうなんです、しかしそれが簡単にできればこのエアコンガスの問題も問題じゃなくなるんですよね。
またインターネットなどで、間違った情報も流れているようです。
例えばR12とR134を混ぜて使っても大丈夫といったようなものです。
簡単に考えて違ったタイプのガスを混合させるとは、なんだか怖いですよね。
ですからこれは絶対にやってはいけません。

 

確かに値段が高くなってしまっているR12ですが、実はR134よりも冷え方が強いのです。
フロンガスを使用しているものの、こういった利点があるわけです。
ですから今から焦らず、少しずつR134への交換も視野にいれていく程度でいいのではないでしょうか。





杉並区 賃貸の最新情報
URL:http://www.gulliver-nakano.jp/
杉並区 賃貸はここ


【工事系情報】エアコンガスの種類ブログ:2021-4-15

減量しているにもかかわらず、
食後のデザートがやめられなかったり、
22時になったら、
ついついおやつに手が伸びてしまったり…
そんな人は少なくないと思います。

わたし自身、
22時、テレビを見ながら、
おやつをつまむ事が最高の幸せ!と
思っていました。

でも、それではダメなんですよね。

せっかくトレーニングを頑張ったり、食事制限に苦労していても、
日々のようにおやつを食べてしまうという
悪い習慣が身についていたのでは、
減量なんて成功しませんよね?

そこで、わたしは、
悪い習慣を「やめる」のではなく、
別の習慣に「置き換える」ようにしたんです!

肉体は快感を欲しているわけですから、
快感を供給することを停止してしまうと
それはストレスになってしまいます。

つまり
「快感は引き続き供給させる」のですが、
供給させる方法を別の方法に置き換えるわけです。

例えば
「寝る前のおやつ」
だったら、
「寝る前にアロマテラピー」
にしたり
「寝る前にハーブ茶を飲む」
と言った具合に、
別の方法で快感を与える方向に、転換させてやればよいのです。

14時食の後のデザートも、
チーズケーキやアイスクリームなどではなく
せめてフルーツにするなどの置き換えをしましょう。

甘いものって、人間の本能で快感に直結しているので、
最初は物足りないと感じるかもしれませんが、
慣れればそれが何でもなくなりますので、
読者様、是非試してみてください。

置き換える過程でどうしても苦しければ、
例えば、板チョコが好きな人なら、
カカオ成分の多いビターチョコにするなどして、
肉体に「快感」ではなく、
徐々に「不快」を与えて行く方法も効果的でしょう。